【in上野毛】伝説の「中野屋」の森シェフが手掛ける!「ラトリエ ア マ ファソン」

こんにちは~!kyantaです!

おかげさまでInstagramのフォロワー数4,500人を突破しました!
いつもありがとうございます~!

最新情報はインスタに投稿しているのでフォローしていただけると嬉しいです!!

今日のおすすめグルメはモンブラン!!
東京・上野毛にて大人気の「ラトリエ ア マ ファソン」を紹介するね!

ラトリエ ア マ ファソン
町田で伝説とまで言われていたカフェ「中野屋」のオーナーである
森郁磨氏がNEWオープンしたパフェ専門店

「芸術」と評されるパフェが特徴
その美しさ際立つパフェに思わず息を呑み、声を発する事を忘れてしまう。

待ちに待った!伝説の「中野屋」の森シェフが手掛ける神業パフェ!堪能あれ☆

【ラトリエ ア マ ファソン (L’atelier à ma façon)】とは

紹介動画

2019年12月にOPENしたばかりの待望のパフェ屋「ラトリエ ア マ ファソン」。

プレオープンの段階から非常に注目度が高く、たくさんのスイーツ好きが「OPENはまだかまだか」と待ち焦がれていたお店。

この投稿をInstagramで見る

おはようございます☀ ようやく寒さも和らぎ 過ごしやすくなって参りましたね🌱 先日お越し頂いた お客様には少しお知らせ致しましたが 当アトリエの主力である シェフパティシエが インフルエンザと診断され、 本日もお休みさせて頂きます😭 。 すでにご予定のお客様には 申し訳ありませんが、 復帰するまでの間は トロンプルイユやミモザのパフェ の提供はストップさせていただきます。 その他の人気のフレジェを踏襲した パフェやピュイダムールは お出し出来そうです。 。 少し時間も掛かるかと存じますが 丁寧に制作して参りますので 申し訳ありませんが 何卒、ご理解いただけますようお願い致します。

L’atelier à ma façon(@latelier_a_ma_facon)がシェアした投稿 –

それもそのはず。
町田で伝説とまで言われていたカフェ「中野屋」のオーナーである
森郁磨氏がNEWオープンしたパフェ専門店だからだ。

【中野屋とは】

【出典】食べログHP 中野屋https://tabelog.com/tokyo/A1327/A132701/13022620/?cid=icotto_presses

「パフェの名店」として、スイーツ好きの人の間で有名なお店が町田にあります。そのお店こそ「カフェ中野屋」。こちらは1933年に創業したという老舗の和菓子屋「中野屋」さんが、2004年にオープンさせたカフェ。

【出典】icotto(イコット) マツコの知らない世界でも話題に!町田「カフェ中野屋」のパフェが気になる!
https://icotto.jp/presses/1046

現在は「茶房 中野屋」として 営業しています。
https://tabelog.com/tokyo/A1327/A132701/13241027/

僕自身もopenをずっと待ち望んでいたお店。
かつてこれほどまでに楽しみにしていたスイーツはあっただろうか、、。

kyantaのおすすめポイント!!

一生に一度食べてみたいスイーツがある♬芸術的パフェ!

「芸術」と評されるパフェが特徴
その美しさ際立つパフェに思わず息を呑み、声を発する事を忘れてしまう。

パフェの新作も多く、ラインナップが充実。訪問するたびに新しい感動との出会いがある。

恐ろしく長い待ち時間!それでも並ぶ価値がある!

日曜日の開店前の9時30分に向かったがすでに人だかりが出来ていた。

順番待ちの表を見るとすでに21組が先に記入していた。
そして待つことなんと2時間半!!
やっと店内に入ることが出来た。

1回転目に入れば、すぐお店に入ることが出来る

注文を受けてからパフェを作るので、回転は遅め。
(そこまでコダワルからこそあのクオリティなんですよ~)

そのため順番表が店の前に出るのが9時らしいので、多少無理をしてでも9時にはいた方が良いかな。

もちろんずっと2時間半突っ立っていたのではなく、近くにあるカフェでゆっくりしていたので、体感的にはそんなに待った気がしなかった。

このブログを見てくれた人には近くに在る穴場のカフェを伝えるね↓↓

休憩はここで出来る。店内はモダンチックでコンパクト。
駅から離れているので人混みはない。

暖かい珈琲と一緒に本でも読みながらゆったりと待つことが出来る。

ただ、呼ばれた時にその場にいないとキャンセルとなるので、そこは注意。こまめに確認しよう。
友達と一緒に並び、交代で列の順番を見にいくのがベスト

【メニュー】

♦イチゴとピスタチオのフレジェ仕立てパフェ2020 2200円
♦珈琲(ブラジルエクレイオ農園) 600円

見た目に圧倒される。「芸術」パフェ

ずっと見ていたくなるような感覚に。
しばらく見惚れていたので食べはじめるまでに時間がかかった。今までにないことで笑みが出てしまった。

パフェの中には抹茶のクリーム。
今までに食べたことがないなめらかでもっちりしたクリーム。おもちみたい。

下の層には苺のシャーベット。酸味が優しく広がり、上品。

所々に重厚なチーズタルト?のような物があり、食感を満たしてくれる。

総じて「濃厚」。

まとめ

「芸術」と「美味しさ」の両方を堪能できるパフェだった。

まさにすべてが至極スイーツ。
今までにない感覚、非日常な経験。

ここはスイーツ好きには外せないお店。

どんな長時間になろうともあきらめずに並んだほうが良いとおすすめ出来る。

近くには同じくスイーツの名店「パティスリーアサコイワヤナギ」があるので、
「贅沢なスイーツ巡り」を行うのも良いかも!

【in世田谷】「宝石パフェ」必見!伝説的パティスリー「PATISSERIE ASAKO IWAYANAGI」

ご馳走様でした。

お店情報

シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事カテゴリー