【in大阪・梅田】辛いもの好きをイチコロにするラーメン!本格麻婆麺食べたきゃ「SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋」

こんにちは~!kyantaです!

おかげさまでInstagramのフォロワー数5,000人を突破しました!
いつもありがとうございます~!

最新情報はインスタに投稿しているのでフォローしていただけると嬉しいです!!

今日のおすすめグルメはラーメン!!
大阪・梅田にて大人気の「蝋燭屋」を紹介するね!

蝋燭屋
麻婆麺」「担々麵」「酸辣湯」などの所謂しびれ系の中華麺が食べられる関東発祥の中華ラーメン屋。

人気番組「嵐にしやがれ」のグルメデスマッチに出てきた際には大いに話題となった。

今回は「焼きチーズ麻婆麺」を紹介。同じく麻婆麺を扱う「スパイス食堂サワキチ」との比較も行ったよ!

本格しびれ系麻婆麺を食べられる中華ラーメン屋!堪能あれ☆

【SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋】とは

「麻婆麺」「担々麵」「酸辣湯」などの所謂しびれ系の中華麺が食べられる。
関東発祥の中華ラーメン屋「 蝋燭屋」🍜

人気番組「嵐にしやがれ」のグルメデスマッチに出てきた際には大いに話題となった。
松潤が食べてた)

本店は銀座に食べログTOP5000に選出されている。
関東に住んでいた時にちらっと覗いた事があるが、本店20人らい並んでいたので訪問を諦めていた🥟

今回は2019年3月にOPENした関西1号店の梅田茶屋町にて再チャレンジ!

土曜日19時頃訪問。
列はなく、すんなりお店に入ることが出来た。

店内は白とウッド調の壁が広がり、明るくPOP。席は全てカウンター。

席に座る前に
先に注文&お金を支払う方式なのだが、なんと券売機でなく、直接店員さんに払う。
今時珍しい。

面白いことに1人につき1つの水入りピッチャーが準備される。「どんだけ辛いのよ、、」とびびった(笑)

メニュー

今回は初訪問なので定番品の「麻婆麺」、、ではなく、「焼きチーズ麻婆麺」を注文。

同じく梅田エリアにある麻婆系ラーメンを扱う「スパイス食堂サワキチ」との違いを確かめたくて、
あえて同じようなメニューをチョイスしてみた。

  • 同じく麻婆麺を扱う「スパイス食堂サワキチ」の紹介記事はこちら↓

【in東梅田】「チーズ✖️麻婆」⁉︎⁉︎本格麻婆麺「スパイス食堂サワキチ」!

注文したメニュー

♦焼きチーズ麻婆麺 1,200円

辛さ、痺れレベルは「薄辛」「普辛」「倍辛」から選ぶことができる。
今回は一番人気の「普辛」をチョイス🔥

注文から10分ほどで提供。

モッツアレラ系のチーズがのっている🧀
豆腐は絹で1つ1つは小さい(サワキチは大き目で木綿だった)🦰

麻婆餡はスープ系でとろみは少なめ。まぜめんではないね。

「麻婆スープ」という表現が合う🍜
辛さは「普辛」なのでそこまで。後から少し痺れを感じるくらい。

後に伸びる旨味は目立たなく、「キレ」があるタイプ。

旨味を一緒に辛さを楽しむのではなく、麻婆の本来の香り、痺れ、味わいを楽しめるタイプ。
(逆にいうと旨味のインパクトが大きいタイプを好きな人は、物足りないと感じるかも

麺はもちもちで量が多い。チーズと絡み、とろとろに。

お好みで「ぶどう山椒オイル」を♬

ぶどう山椒オイルは「まろやかな痺れ」を付与。甘さも風味としてあり。香りは抑え目だね

「まろやかさ」を付与出来るという部分が「花椒油」との違い。
「花椒油」の方がシトラス系の香り立ちが強く痺れの即効性がある。

ちなみに、スパイス食堂サワキチにも山椒オイルが置いてあった。
サワキチの山椒オイルよりもぶどう風味があるためか、痺れはそこまでだった。

蝋燭屋VSスパイス食堂サワキチ

旨味より麻婆の本来の味を感じたい。スープ系(ラーメン)が良い→蝋燭屋

まぜ系でどろどろした旨味のある麻婆麺が食べたい→スパイス食堂サワキチ

こんな感じのイメージかな🍥

同系統の味わいではないので、違いが楽しめる!

まとめ

本格の麻婆麺を辛さと一緒に楽しめるラーメン屋だった。

山椒オイルをお好みの量かけ、好きな味わいにして食べてほしい。

旨辛まぜ系ラーメンが好きな人は→「スパイス食堂サワキチ」。
スープ系本格麻婆麺を食べたい人は「蠟燭屋」をおすすめしたい。

あなたの好みに合わせて訪問してほしい。

もちろん「スパイス食堂サワキチ」と「蝋燭屋」のダブル麻婆ラーメンのはしご訪問もOK!

ご馳走様でした🙏

お店情報

近くならこのお店もおすすめ!

【in北新地】一味違う大人デートを!贅を極めた空間で”〆のパフェ”「フロランタン」

【in東梅田】「チーズ✖️麻婆」⁉︎⁉︎本格麻婆麺「スパイス食堂サワキチ」!

シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事カテゴリー