【東梅田】「スシサワ」-噂の「ドラゴンボール巻き」とは?おすすめ訪問方法を紹介







スシサワ とは

2020年10月に曽根崎お初天神通りにオープンした大衆寿司屋「スシサワ」。

定番の海鮮系お寿司から、お肉を使ったお寿司、そして変わり種の創作お寿司まで。たくさんのお寿司とお酒を楽しめる居酒屋です。

寿司職人が握ってくれるのにコスパが良くて嬉しいです。

お寿司好きなら満足すること間違いなし!と言えるお店ですよ。

11時半からオープンしているため、ランチにも利用できますもちろん昼飲みにもおすすめですよ~。

スシサワの雰囲気

スシサワは、1階がカウンター、2階がテーブル席と分かれています。それぞれ雰囲気を解説します。

1階の雰囲気

引用:食べログHP

1階はお寿司さんならではの綺麗な空間にカウンター席があります。

2階の雰囲気

引用:食べログHP


2階には広々としたテーブル席が7,8つあります。落ち着いた雰囲気で飲み食いできますよ。

スシサワのメニューラインナップ

スシサワのフードメニューとドリンクメニューをそれぞれ紹介します。

1. フードメニュー

寿司は握り寿司は1貫140円~。まぐろやイクラなどの定番寿司から肉寿司までラインナップ。

まぐろのミルフィーユ握りやふぐのてっさ、ぼたん海老キャビアのせ、雲丹3種食べ比べ、、車海老踊、など。

文字を見ただけでわくわくが止まらない創作寿司もあります。個人的には「まぐろミルフィーユ」がおすすめです。

その日のおすすめメニューも数多くありました。ピスタチオの茶碗蒸しという面白いメニューも。

2. ドリンクメニュー

ドリンクメニューは寿司屋の定番である日本酒やビールなどはもちろん、

大衆向けのサワーやカクテルを幅広くラインナップ。

星空マンゴーや星空リンゴなどの「星空カクテル」シリーズは、可愛くて女性も安心して飲めるのでおすすめです。

スシサワのおすすめメニュー例

スシサワのおすすめメニューを紹介します。

1. ドラゴンボール巻 1298円

SNSで話題の「ドラゴンボール巻き」。

人気漫画「ドラゴンボール」の設定を活かし、7個の卵黄漬けとまぐろとウニを巻いて食べる逸品です。

見た目のインパクトが凄いですね。

シャリには赤酢を使用し、すっきりした味わいでした。

食べる際は職人さんに切ってもらい、巻き型で頂きました。とっても濃厚な味わいでした。

2. 蟹甲羅寿司 1078円

またしてもリッチなメニュー「蟹甲羅寿司」。蟹の甲羅にうに、いくら、蟹の身がのっています。

3. すじこ雲丹のスシサワロール 1628円

おすすめメニューの「すじこ雲丹のスシサワロール」。

カリフォルニアロールをインスパイアしたようなメニューです。こちらもリッチに頂きました。

4. 和牛ユッケ(手前)1408円、まぐろアボカドユッケ(右)968円、サーモンアボカドユッケ(奥)858円

新鮮な卵黄をのせた「ユッケシリーズ」。魚だけでなく、肉を使用した「和牛ユッケ」も。

その日の気分で肉か魚を選べるのは良いですね。

5. たら白子ポンズ 800円

大きな白子がのった「たら白子ポンズ」。ポン酢の酸味が良く効いています。

6. まぐろミルフィーユ 528円

個人的に強くおすすめでしたい「まぐろミルフィーユ」。

3層に分かれたまぐろは食べ応え抜群でした。

スシサワの予約方法

訪問する際は事前予約がおすすめ。

スシサワは人混みの多い「曽根崎お初天神通り」沿いにあるため、満席となっているパターンが多いからです。

予約は食べログHPからの予約が簡単でおすすめです。

しかも、食べログを活用したネット予約だと人数分のTポイントが貯まります♬

時間帯によっては電話が繋がりにくいのでなおさらネット予約が無難です。デートや合コンで席をチョイスしたい場合はお店の食べログHP予約→電話の流れがおすすめですよ!

スシサワのまとめ

コストパフォーマンスの良い寿司居酒屋でした。

職人が握ってくれる寿司をリーズナブルな価格で頂けます。どのメニューもクオリティが高く、少しお財布に余裕がある人、コスパ良く寿司デートを楽しみたい人におすすめですよ。

特に「ドラゴンボール巻き」は必ず注文して欲しいですね。テンション上がると思います~。

ごちそうさまでした。

スシサワの情報(アクセス)

お店情報

🚃 東梅田駅
📍大阪府大阪市北区曽根崎2-10-14
🏢11:30~23:00
💤なし
🖋食べログ点数 3.08(2022.04.02時点)







シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
きゃんたグルメライター
28歳男性。大阪と東京の在住経験あり。 食品メーカー勤務の経験があるため、味の表現には自信があります。 食品業界で得た知識を素に読者に伝わる記事・文章を作り上げます。 Instagram(フォロワー1.4万人)、Twitter(フォロワー3500人)、ブログを中心に食のレポートを発信しています。