【大阪福島】「六徳 恒河沙(りっとくこうがしゃ)」-ランチで待たずに入れる時間を解説







六徳 恒河沙 とは

六徳 恒河沙(りっとくこうがしゃ)の赤色が目立つ外観

福島で大人気を誇る中華料理店『六徳 恒河沙』。

西大橋にある「酒中花空心」さんで修行を積んだ方がオープンしたお店です。

辛味と痺れの麻辣に甘みや旨みを加え、「辛いけどおいしい」を確立させたお店と言われています。

六徳 恒河沙の麻婆豆腐は、福島エリアの3大美味しい麻婆の1つに挙げられています。
(他の2つは中国菜オイルと醬じゃん

六徳 恒河沙の雰囲気

六徳 恒河沙(りっとくこうがしゃ)の店内
六徳 恒河沙(りっとくこうがしゃ)の紹興酒

店内は自然の風合いを残したままの木面調の机、カウンター。

柱には「中国」をイメージできる模様があり、中華料理屋らしさのある空間です

六徳 恒河沙のランチメニューラインナップ

六徳 恒河沙(りっとくこうがしゃ)の黒い黒板に書かれたランチメニュー表

ランチタイムでは、お客さんの8割以上が「麻婆豆腐ランチ」を注文するそうです。

六徳 恒河沙のランチ「麻婆豆腐セット」

六徳 恒河沙(りっとくこうがしゃ)のランチメニュー「麻婆豆腐セット」

1,100円(税込)

絶妙な痺れと辛みがクセになる、麻辣のおいしさがわかる「麻婆豆腐」。

この麻婆豆腐を嫌いな人はいないんじゃないのか?と思えるほど王道的味わいです。

粒山椒たっぷりの痺れ、コクと旨味もあります。旨味と痺れをバランス良く活かしてますね。

ひき肉は牛肉を使用。一粒一粒が大きく、旨味たっぷりです。豆腐をつるつるしてて良い食感です。

六徳 恒河沙のランチメニュー「麻婆豆腐」

コクがしっかりあるので、本場の豆板醬、甜麵醬を使用しているだろうな~と。

旨味と辛味のバランスが今まで食べてきた麻婆豆腐の中で一番上手です。

適度な痺れが好きなので、個人的には中国菜オイルより気に入りました。

六徳 恒河沙の待たずに入れるおすすめの時間帯

六徳 恒河沙は大阪でも有名な中華料理店であるため、入店待ちの行列ができます。

なるべく待たずに入りたいというのが本音でしょう。

そこで待たずに入れた私の事例を紹介します。

私の場合、木曜日の13時10分頃に訪問したところ待たずにカウンター席に案内して頂けました。

このように、会社員の方々の昼休憩の時間帯と訪問時間をずらせば、すんなり入れることがわかりました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

六徳 恒河沙のまとめ

福島で3大美味しい麻婆豆腐の内の1つに挙げられる理由が分かりました。

六徳 恒河沙の王道的な麻婆豆腐は、麻婆豆腐好き必見です。

僕が訪問した際は列はなく、すぐ入店できましたが、本来は行列ができることが多いそう。ピークを避けて訪れるのがおすすめです。

ご馳走様でした。

六徳 恒河沙の情報(アクセス)

お店情報

🚃 新福島駅(大阪)
📍大阪府大阪市福島区福島2-9-10
🏢[月~金]
🌞11:30~14:00
🌙18:00~23:00(L.O.22:00)
🏢[土]
🌙18:00~23:00(L.O.22:00)
💤日曜日
🖋食べログ点数 3.47(2022.1.3時点)







シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
きゃんたグルメライター
28歳男性。大阪と東京の在住経験あり。 食品メーカー勤務の経験があるため、味の表現には自信があります。 食品業界で得た知識を素に読者に伝わる記事・文章を作り上げます。 Instagram(フォロワー1.4万人)、Twitter(フォロワー3500人)、ブログを中心に食のレポートを発信しています。