【大阪本町】大阪カレーランキング1位の名店を待ち時間からメニューまで解説!「ボタニカリー」







ボタニカリー とは

カレー好きならばその名を知らぬ人はいないであろう。スパイスカレーの頂点『ボタニカリー』。

食べログの「大阪 カレー」ランキングのトップに君臨し続けている名店です。

全国の名立たるフーディが、大阪を代表するカレーを食べようと「ボタニカリー」に集結しています。

ボタニカリーの雰囲気

店内はウッド調の机、椅子にホワイトの壁。カフェの様な空間です。

大阪のスパイスカレー屋さんは、お洒落な空間をもつお店が多いです、「ボタニカリー」をインスパイアしているのかもしれませんね。

ボタニカリーのメニューラインナップ

定番メニューは店名を冠する「ボタニカリー」です。チキンベースの少しとろみのあるルゥと三種のキーマを使用したカレーですよ。

訪れた方のほとんどは「合いがけカレー」をチョイスするそうです。

12:00~13:30のランチタイムは合いがけ不可です。注意してくださいね

大阪が認める魅惑のスパイス!「あいがけカレー」

ボタニカリー×ポージョ(チキン) 1,100円(税込)
玉子ピクルス 100円(税込)

うまくランチタイムを回避できたので、合いがけの「ボタニカリー×ポージョ(チキン)」を注文。おすすめサイドメニューの玉子ピクルスもつけました。

辛さはノーマルを選択。

10分程で綺麗に盛り付けされ芸術的なスパイスカレーが出てきました。

ボタニカリーはペースト状のチキンベースカリー。鶏の厚み・コクを感じます。

もう片方は魚介ベースのスープカリー。仕上げにココナッツミルクを入れています。こちらは鮪?のような独特のコクを感じますね。少し収斂味もあります。

上側にある様々な具材を混ぜ合わせて食べてみると、その都度「味変」がおこります。

美しいかつ美味しいスパイスカレー。なるほど。これは全ての人が好きなカレーですね!

ボタニカリーの待ち時間、整理券入手方法

訪問日:木曜日(2020/11) 訪問時間:14時 待ち時間:15分

早い時間は1人につき1枚整理券が必要です。整理券は午前10時から配布ですよ。
(周辺に配慮し時間前に配る場合があります)

整理券配布終了後も売り切れまでは券ご不要の一般営業しています。
在庫情報は営業中にツイッターでご案内しています
券の時間指定と複数のお渡しはできません

上記にある通り、「ボタニカリー」は朝一番で整理券を取りにいかないといけないほど混雑する人気です。

しかし、ダメもとで昼過ぎに行ってみると、あらびっくり!!

整理券なしで入れます。少し並んで待っててください」とのこと。

どうやら平日のお昼過ぎは穴場のようですね。ちなみに僕の後に来た人は並ばずに入っていました(すごい)。

お店のTwitterアカウントで状況を逐一発信しているので、チェックしときましょ。

ボタニカリーには全カレー好きがはまる魅惑のスパイスカレーがある

ボタニカリーには全ての人が気に入るスパイスカレーがあります。

大阪に旅行や出張でくる人にもおすすめできます。特にお店はオフィス街(本町)にあるので、ビジネスマンの方が寄りやすいですよ。

並ばずに食べたいなら、平日14時ごろを狙ってみてくださいね。

ご馳走様でした。

お店情報
🚃 本町駅
📍大阪府大阪市中央区瓦町4-5-3 日宝西本町ビル 1F
🏢午前11:00~16:00(売り切れ次第終了)
💤日曜日 (臨時休業もあり)
※臨時休業はツイッターやインスタグラムでお知らせ
🖋食べログ点数 3.94(2020.12.05時点)

大阪市でスパイスカレーならここもおすすめ!

【in梅田】スパイス&旨味の絡み合い!:カレー好きでなくても一度は行くべし!食べログ百名店選出「渡邊カリー」

【大阪梅田】 伝統に培われたスパイスカレー注目『旧ヤム鐵道』

【大阪本町】ギャップに仰天!大阪名物「甘辛カレー」『白銀亭』

【大阪九条】平日のみ営業!レア度満点のスパイス「アアベルカレー」

【大阪北浜】平日ランチのみ営業!幻の間借りスパイスカレー『谷口カレー』

【大阪北浜】スパイスカレーの歴史に残る味わい!エモいカレー屋「ガネーシュm」







シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

グルメライター
26歳男性。大阪府大阪市在住。 食品メーカー(調味料)勤務のため、味の表現には自信があります。 また、その食品メーカーの中でも珍しく川上(スーパーマーケットや百貨店)から川下(食品メーカー や外食チェーン)まで幅広く商売をした経験があるため、 ふつうの人では知らない情報も持っています。 その情報を素に読者に伝わる記事・文章を作り上げます。 Instagram、食べログ、個人ブログを中心に食のレポートを発信しています。

記事カテゴリー