【大阪駅前ビル】「銀座屋」-待たずに入れる時間は?牛タタキ180円、1人飲みOKの人気居酒屋を徹底紹介







銀座屋 とは

大阪駅前第1ビル地下2階にある下町風な立ち飲み屋「銀座屋」。

銀座屋は立ち飲みの聖地「天満」にもあります。

ただし経営自体は別。駅ビルの店主が天満の店主と知り合いなので、名前を借りて営業しているそうです。

天満のお店は常に激混みで中々入れないですが、駅ビル店の方は意外と空いています。

「お客さんがいなくなるまで店を開く」がポリシー。お客さんを第一に考えてくれています。大阪っぽいスタイルが人気に拍車をかけています。

銀座屋の雰囲気

店内にある席は全てスタンド席。木面調のカウンター型テーブルと四角テーブルがそれぞれ複数あります。

お店はMax70人ほど入れるくらい広いです。ただし、それでも満席のことが多く、訪問時間帯は調整した方が良いですよ。

店内はワイワイと活気の良い雰囲気に包まれています。

銀座屋のメニューラインナップ

銀座屋のフードメニューとドリンクメニューをそれぞれ紹介します。

1. 銀座屋のフードメニュー

フードメニューは和系がほとんど。

1品約200~400円ほどで食べられ、コスパの良いメニューが多いです。

特に牛タタキ(180円)や肉豆腐(280円)はメディアで必ず紹介される人気メニューです。

2. 銀座屋のドリンクメニュー

引用:メニュー”>食べログお店HP>メニュー

ドリンクメニューはビールやサワー系中心のラインナップ。

カクテル系のメニューはほとんどないので、お酒をあまり飲めない女性の方にはちょっときついかも。

逆にこってこての下町居酒屋を好きな方は、ドはまりすると思います。

銀座屋のおすすめメニュー

銀座屋のおすすめメニューを紹介します。

  • カキ酢 350円
  • 牛タタキ 180円
  • 翠ジンソーダ 800円
  • 牛すじ煮込み 300円
  • 肉豆腐 280円

それぞれ紹介します。

1. カキ酢(左)350円、牛タタキ(右)180円

牛のタタキはなんと「180円」。

程よく火が入った赤身肉を醤油につけて。量も多く、コスパの良いメニューです。

カキ酢はアッパー品の牡蠣を使っているにも関わらず、お値段は「350円」。こちらもコスパ良しです。

2. 牛すじ煮込み 300円

牛すじの甘い脂の濃いめのみそがマッチ。なめらかな味わいで箸が止まらくなるメニューです。

塩っ気があるのでお酒がすすみます。

3. 肉豆腐 280円

豆腐が半丁ほど入った、ボリュームたっぷりの「肉豆腐」。

こちらはお店の人気メニュー。値段は280円とこれまたコスパの良いメニューです。

半日かけて煮込んだため、旨味たっぷり。豆腐にもすっかり味が染み込んでいました。お酒がすすむメニューですよ。

4. 翠ジンソーダ 300円

飲兵衛に人気の「翠」を使ったソーダ。

すっきりとした飲み口が特徴でアッパーなお酒なんですが、銀座屋ではなんと1杯300円で飲めます

500円くらいで提供しているお店もあるくらいなので、これはお得です。銀座屋では「翠ジンソーダ」ばかり飲んでしまいました。

銀座屋のおすすめ訪問方法

銀座屋さんはMax70人ほど入れるくらいの広さを持っていますが、人気店なので満席となっている場合が多いです。

特に平日の夜はサラリーマンで埋まっていることが多いです。

そのため、比較的空いている時間帯の訪問をおすすめします。

おすすめの訪問時間は

  • 平日の場合は、退勤ラッシュ前の17時と一回転する21時。
  • 土日の場合は、開店と同時の14時

です。

上記時間帯で実際に訪問すると、すんなりお店に入れました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

銀座屋のまとめ

大阪っぽいの雰囲気を堪能できるコスパの良いスタンド居酒屋さんでした。

1人飲みや友達とわいわい飲みたい時に最適です。

14時からオープンしているので昼飲みにも利用できます。大阪駅前ビルは他にも良い居酒屋が多いので、巡ってみるのもおすすめですよ。

ご馳走様でした。

銀座屋の情報(アクセス)

お店情報

🚃 北新地駅
📍大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル B2F
🏢[月~金]14:00~23:00
🏢[土]14:00~22:00(お客さんがいなくなるまで)
💤日曜日
🖋食べログ点数 3.48(2022.4.30時点)







シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
きゃんたグルメライター
28歳男性。大阪と東京の在住経験あり。 食品メーカー勤務の経験があるため、味の表現には自信があります。 食品業界で得た知識を素に読者に伝わる記事・文章を作り上げます。 Instagram(フォロワー1.4万人)、Twitter(フォロワー3500人)、ブログを中心に食のレポートを発信しています。