【兵庫元町】「中華 蟲」▶お化け屋敷の様な雰囲気..!完全紹介&会員制の中華料理店







中華 蟲 とは

2020年5月にオープンした完全紹介&会員制の中華料理店「中華 蟲(むし)」

心斎橋にある完全会員制餃子「冫(にすい)」の系列店です。

完全紹介制のため、行ったことがある人と一緒に行かないと入店出来ないレアなお店です。

食とは関係ない、インパクトのある店名をしています。もちろん、店内に蟲はいないので安心してくださいね。

中華 蟲へのアクセス

お店は阪神元町駅直結の「有楽名店街」というどえらいディープな地下街にあります。

スナックや会員制のバーが多く、一通りが少ないエリアです。

中華 蟲の雰囲気

店内はこれまでに経験したことのないディープな雰囲気。

お化け屋敷よりもお化け屋敷らしさがあります。幽霊が出てきそうです。

机には今にも封じられた妖怪が出てきそうな呪文が…。

潰れた病院にありそうな照明も…

過去に放送していた心霊TV「本当にあった怖い話」を思い出しました。

中華 蟲のメニューラインナップ

料理コースは「蒸し鶏」「毛沢東スペアリブ」「黒炒飯」の3品(+1品デザート)のみ。

1品1品が凄い量なので確実にお腹いっぱいになりますよ。

中華 蟲のコースメニュー

1. 蒸し鶏

1人前1000円(税抜)

半日かけて煮込んだ鶏を使用。煮込み続けたため、身はかなーりやわらかい。醬油ベースのだし汁と良く合います。

2. 毛沢東スペアリブ

1人前1000円(税抜)

激辛&激旨のスペアリブです。食べた次の日はおしりが火が噴き出ますよ…。

強烈なスパイスと旨味がやみつきになり、手が止まりません。ビニール手袋を装着してむしゃむしゃ食べ続けます。

揚げニンニクもやみつき具合に拍車をかけています。定期的に食べたくなる中毒性のある味です。

3. 黒炒飯

1人前1000円(税抜)

見た目、名前のわりに軽めの味付け。黒醬油が味の決めて。グルタミン酸ソーダ(味の素)をばんばんつかったような強烈な旨味はありません。

終盤にも関わらず、スイスイと食べ進められる中毒性の高い一品。

お好みで1品目の「蒸し鶏」のタレ、2品目の「毛沢東スペアリブ」のスパイスをかけてみると、また違った味わいとなります。

4. 甘納豆クリームチーズ

最後はクラッカーと甘納豆クリームチーズ。甘納豆の甘旨い感じがクラッカーと良く合いました。

中華 蟲のまとめ

かつて経験したことのない雰囲気を持つ中華料理店でした。

非日常を味わえるお店。特にお化け屋敷やホラー番組を好きな人におすすめですね。

コストパフォーマンスも良く、お腹いっぱいたくさん食べましたが、支払いは1人あたり約4000円でした。

ご馳走様でした。

お店情報
🚃 元町駅(兵庫)
📍兵庫県神戸市中央区元町通2-10-2 有楽名店街
🏢夜
💤日曜日、祝日
🖋食べログ点数 3.08(2021.2.25時点)
❕完全紹介制

虫を嫌い方はお店のInstagramアカウントを見ないほうが良いです!!(ふりじゃないですよ..)







シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事カテゴリー